個人指導塾

個人指導塾というのは、講師1名に対して生徒1名というマンツーマン形式の塾をいいます。中小規模の塾に多い形態となっていますが、そのメリットとデメリットを説明したうえで、どういった子供がこれに適しているのかについて見てみることにしましょう。

個人指導塾のメリット

個人指導塾のメリット

個人指導塾に適した子供とは

集団指導塾

集団指導塾は、個人指導塾と異なり、講師1名に対して生徒が複数という一般的なイメージに近い塾です。こちらは大手から中小まで様々な規模が存在しますが、個人指導塾の場合と同様に、メリット・デメリットを踏まえて、集団指導塾に向いている子供について見ていくことにしましょう。

集団指導塾のメリット

個別指導塾がマンツーマン又は2~3名の塾生による授業なのに対して、集団指導塾は複数の塾生が集団で授業を受けるスタイルです。個別指導塾では多くの教師を必要とすることから、大学生のアルバイトが講師にな…

More Detail »

集団指導塾のデメリット

集団指導塾のデメリットの一つは生徒の性格によっては学習効果があまり上がらない場合があることです。生徒が受け身で、学習意欲が乏しい場合は集団指導の教室の中で傍観者となってしまい授業内容の定着が薄くな…

More Detail »

向いているのはどっち?学習塾の指導スタイル

学習塾の指導スタイルは、主に2つあります。ほかの人がいるとやる気が出る生徒向きの「集団指導」と、自分のペースでやりたい生徒に向いている「個別指導」があります。

集団指導塾に適した子供とは

集団指導塾の特徴とメリット

集団指導塾よりも少人数指導や個別指導の方が良いと考える人もいるかもしれませんが、子どもによっては、集団指導塾の方が良いということもあるでしょう。 まず集団指導塾の場合、全員が同じ授業を受けることになるので、授業進度の調整は原則として行われません。同じ目標を持った生徒同士が集まるような塾であれば、お互いの理解度なども把握でき、非常に良い刺激を受けられることでしょう。また、テストなども集団で受けるため、受験で試験を受ける環境と極めて似ていると言えます。独特の緊張感ある雰囲気に慣れておくことで、本番へのストレス耐性をつけることができます。個人個人の疑問やつまずきに対応できないかもしれないという懸念はありますが、先生が個別の質問に応じてくれる塾であれば、授業前後に確認することもできますので安心です。

どんな子どもなら集団指導塾に向いているの?

このような特徴がある集団指導塾に向いている子どもは、まず勉強に対する高い熱意がある子、あるいは周囲に程よくライバル意識をもってモチベーションを維持できる子と言えます。分からないところを放置してしまうと、苦手となって残ってしまいかねないため、自分で学習していく意識を持ち、予習復習ができるとなお良いでしょう。なお、そのようなタイプであっても学校が忙しいといった理由で塾を休みがちな場合は、進捗に合わせて貰える個別指導などの方が向いています。 また、極端に苦手意識の強い科目の場合は、集団指導では授業についていけず挫折しがちなので、避けた方が無難です。反対に得意科目をより伸ばすケースであれば、集団指導でも十分についていけますし、自分の理解度が高いことを知って自信を持てることでしょう。