個人指導塾に適した子供とは

先生に質問できない子ども

学校で、先生に質問ができない子どもは個人指導塾がぴったりです。学校の授業を受けていると、分からないところが出てきます。そういう時、本来ならば授業を担当している先生に質問するのが良いですが、なかなか質問ができない子もいるでしょう。中には勇気を出して質問しにいったけど、上手く説明できず、先生にどこが分からないのか伝わらなかったという子も。分からないところをそのままにすると、今後の授業についていけなくなる可能性が高くなります。そういう時こそ、個人指導塾を使うのです。個人指導塾では、先生と生徒が1対1のマンツーマンなので、先生は生徒にじっくりと向き合い、その子に合った指導をしてくれます。なので、学校の先生に質問できない子も、塾の先生なら質問できるようになることがあり、上手く説明できない場合も、時間をかけてゆっくり話せば、先生にどこが分からないのか伝わるかもしれません。

特定の苦手な科目を克服したい子ども

英語だけ苦手、数学が全く理解できないなど、特定の苦手科目を克服したい子は、個人指導塾に向いています。ほとんどの科目はできるけど、1つだけ苦手な科目がある…。そういった子どもは多いです。学校や集団指導塾は、クラス全体のレベルに合わせて授業を行うことが多いため、どうしても1人1人に合わせることはできません。周りの子たちよりも授業についていけないと、辛い思いをすることも。そんな時こそ、個人指導塾の出番です。個人指導塾はマンツーマンなので、生徒1人1人にあった授業を行ってくれます。苦手科目のみ指導してもらえるということも塾によっては可能です。どこが苦手なのか、きちんと調べてから授業がスタートするので、きっと苦手を克服することができるでしょう。

高校生の塾は放課後にいったん帰宅せず、直接通う生徒が多いため、入退出時に保護者へのメール配信をするサービスが広がっています。