個人指導塾のメリット

生徒一人一人の学力が向上しやすい

塾には、個人指導塾がありますが、良さの1つとして生徒一人一人の学力が向上しやすいということが上げられます。一般的な塾の場合は、先生一人が複数の生徒に一度に勉強を教えることになります。場合によっては、1回の授業で10人以上の生徒を担当することもあるので、生徒の中には授業についていけない人も出てきますね。複数の生徒を相手にしていると、学力があまり伸びていない生徒がいても気づかない可能性もあります。 仮に気づいても、その生徒だけに合わせて授業を進めるのは難しいので、結果的に生徒の学力の向上に差が出ます。しかし、個人指導塾はマンツーマン指導であり、生徒一人一人に合った授業をすることが出来るので、学力が向上しやすいです。

生徒が集中しやすい環境

個人指導塾のメリットの1つに、生徒が集中しやすい環境になっている事が上げられます。マンツーマン指導なので、生徒も授業中にサボる事が出来ないですし、先生がこちらの状況を見てくるので、集中して勉強しなければいけないという意思が働きやすいです。集中力が乏しい生徒でも、間近で先生が教えることになると強制的に、集中力が向上する可能性もありますね。 生徒が集中して勉強できるという事は、先生が授業で教えたことも身に付けられる可能性が高く、学力向上に繋がります。勉強は集中して行うほど、効果が高く、いくら長時間勉強しても集中していない状態では学力が向上しにくいです。生徒が集中しやすい環境下にある個人指導塾は、短期間で学力を向上したい人にお勧めです。

近年の高校入試はリスニング能力を問うことが当然のようになっているため、その練習室を設置した中学生の塾が増加しています