集団指導塾のデメリット

集団指導塾は内向的で意欲が乏しい生徒には不向き

集団指導塾のデメリットの一つは生徒の性格によっては学習効果があまり上がらない場合があることです。生徒が受け身で、学習意欲が乏しい場合は集団指導の教室の中で傍観者となってしまい授業内容の定着が薄くなりがちです。
生徒が疑問を持ったり、理解できなくても授業が進んでいくので、他の生徒の前で質問することが出来ない内向的な生徒も集団授業では学習効果が得られない場合があります。
講師が個々の生徒の表情や試験の結果を踏まえて授業を進めるような力量のある人なら効果も期待できますが、科目毎に違う講師なので、指導力にバラツキがあります。自分の不得意な科目で授業力が乏しい講師が担当する場合は、授業料に見合った効果を得ることは厳しくなります。

集団指導塾の授業内容が生徒に必要な内容と食い違うことがある

集団指導塾のデメリットのもう1つは授業内容が生徒の必要としているものと異なる場合があることです。教室内の生徒全員が同じテキストで学習を進める為に、学校のカリキュラムと食い違った内容になってしまう場合があります。基本的には、講師が生徒の学校の学習内容を把握して授業計画を立てるので大きく食い違うことはありませんが、生徒の学校数が複数ある教室では、生徒数の多い学校に合わせて授業を進めるのが殆どです。
その為、定期テスト前の試験範囲に合わせての授業は、ピンポイントでのテスト対策は難しくなり、授業が自分の学習希望に合っていない場合は、ほぼ自習の状態になることさえあります。そんな場合でも、講師に積極的に質問出来る生徒ならば学習効果がありますが、引っ込み思案の生徒にとっては家庭で学習をした方が進むので、試験前は塾を休んでしまう場合もあります。