集団指導塾のメリット

塾生同士で切磋琢磨できる

個別指導塾がマンツーマン又は2~3名の塾生による授業なのに対して、集団指導塾は複数の塾生が集団で授業を受けるスタイルです。個別指導塾では多くの教師を必要とすることから、大学生のアルバイトが講師になることが少なくありません。それに対して集団指導塾ではデモンストレーションをはじめ、難解な採用試験に合格したプロの講師が殆どです。大学生などのアルバイトにも、実力を持った講師は沢山います。ただし個人差が大きいのも特徴であり、当たり外れがあると言えます。集団指導塾のメリットは、塾生同士で切磋琢磨できることです。独りでは勉強に集中できない生徒でも、友人たちからの刺激を受ければモチベーションが上がります。集団指導塾では同レベルの生徒でクラス分けされるので、色々な情報交換をすることが出来ます。

リーズナブルな料金体系

集団指導塾では受験の最新動向を踏まえた上で、考え抜かれた教材やカリキュラムが用意されます。特にカリキュラムはプロの講師たちが相談して決めるので、確実に実力を付けることが出来ます。また、塾の多くは志望別コースを用意しており、目指すゴールに向かって効率良く勉強できます。集団指導塾のメリットとして、料金が比較的リーズナブルな点が挙げられます。講師一人で複数の生徒を指導するので、授業料を低く設定することが出来ます。但し集団指導塾でも進学塾となれば、授業料が高めに設定されることもあります。また進学塾の場合は授業のスピードが早いので、授業に付いていけなくなる場合もあります。カリキュラムが年間を通じて決めれているので、生徒自身に通う努力が必要です。